30代の肌のたるみに切らない整形医療HIFU(ハイフ)が効く!

整形の話

年齢とともに気になってくるお肌のたるみ。若い頃はこんなじゃなかったのに・・・たるみを改善して小顔になりたい。
きっと誰もが持っている悩みですよね。色々なアイテムを試しても効果がなかったり一時的だったりで諦めてる人もいるのではないでしょうか。
一体どんな方法を使えばこの悩みから抜け出せるのでしょうか?
今日は美容クリニックで受けられる施術「医療HIFU(ハイフ)」で、悩みを解決する方法を紹介したいと思います。

そもそもたるみの原因とは?


歳を重ねるとともにたるんでいく肌。一体原因はなんなのでしょうか?
ここではたるみの主な原因を見ていきたいと思います。

筋肉の衰え

歳を重ねると衰えていく筋肉は身体の筋肉だけではありません。顔の筋肉も一緒で衰えているのです。
顔にはいくつもの表情筋があり、加齢によりこの表情筋が衰えることがたるみの原因のひとつ。
また表情筋を使う機会が少ない人もたるみの原因になるので、コロナ禍のマスク生活で口元が隠れている今は注意が必要です。

脂肪の増加

急激に太り、顔の皮下脂肪が増えると筋肉を支える力が低下し、たるみにつながってしまいます。
ごはんやパンの炭水化物や、揚げ物をたくさん食べる人は注意が必要です!そうでない場合でも、年齢とともに代謝も下がるので普段の食生活も重要です。

コラーゲンの減少

加齢とともに筋肉だけでなくコラーゲンも減少します。コラーゲンが減少すると、肌のハリを保てなくなり重力に負けてしまいます。
顔全体の皮膚がゆるむと、たるみだけではなく目元や口元のシワの原因になることも。

たるみをなくし小顔美人に


原因はわかっても、気をつけているだけでは解決しない難しい悩みのたるみ。
30分ほどの施術で済む医療HIFU(ハイフ)で解決することができます!

医療HIFU(ハイフ)とは?

HIFU(ハイフ)とは、高密度焦点式超音波(High Intensity Focused Ultrasound)の頭文字をとって略したもの。
超音波を肌に照射し熱を発生させたるみを改善する治療です。超音波を照射することにより、皮膚組織に熱エネルギーを届け、その作用で肌が引き締まります。
何かに例えると、生の肉と焼いたあとの肉、といったところでしょうか。肉を焼くと、生の状態の時より縮まって小さくなりますよね!
これを肌で行うと考えると、結構な効果を想像することができるのではないでしょうか。

ハイフのメリット

リフトアップの施術にはメスを使うものもありますが、ハイフは切開せずダウンタイムが少ないのが最大のメリットです。メイクも施術直後から可能。
何度も施術を繰り返し効果がみえてくる施術と違い、1回で効果がわかるのもうれしいポイントです。1回の施術で、効果は半年〜1年ほど持続。
たるみだけでなく、ほうれい線やしわにも効果があり顔全体が引き締まります。
施術時間も30分ほどなので、会社帰りの人や日中しか時間の取れない主婦の方でも受けやすい施術です。

ハイフのデメリット

肌に熱を発生させるので、痛みを感じることがあります。私の感覚では、痛いより肌が溶けているような熱さを感じます。
また赤みやむくみ、筋肉痛のようなものが出る人もいますが、大体の場合1週間〜3週間程度で落ち着くようです。

ハイフを受けるのはエステサロンより医療クリニックがおすすめ!

最近では、ハイフを受けられるエステサロンも多いですが、せっかくハイフを受けるのであれば医療クリニックが断然おすすめです!
脱毛もそうですが、エステサロンの機械には出力の制限があります。医療ハイフは、医療従事者が施術を行い出力が高いのが特徴なので高い効果が期待できます。
より高い出力で施術を行うと効果の違いも大きく感じられますが、もちろん痛みも大きく出ます。最初は弱い出力で徐々に出力を上げていくのがおすすめです。(ちなみに私は最大出力は怖くてできないので、上から二番目の出力で受けています。)

実際にハイフを受けた人の口コミ


実際にハイフを受けた人の口コミを調査しました。

このように効果を実感している人がたくさん見受けられました!
即効性を感じられることが継続の理由にもなっているようです。

まとめ

今回は肌のたるみに効く医療HIFU(ハイフ)について紹介しました。
即効性を感じることができる人が多い施術でダウンタイムもないので大変おすすめです。
たるみが気になる人は、ぜひ一度ハイフを受けてみてはいかがでしょうか。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました